快適引越マニュアル      (印刷してお使い下さい)

 

タンス類

●洋タンス
 ・ハンガ−に掛かっているお洋服はそのままで結構です。
  
(引越当日ハンガ−ケ−スをお持ちし、移し替えます)
   (分解・組立はスタッフにおまかせ)
 ・それ以外のネクタイ、ベルト、小物などを箱詰め願います。

●和タンス
 ・衣類は入ったままでOK!
   (状況により中身を出す場合もございます)
 ・置物は和装ケ−スに箱詰めして下さい。

  (和装ケ−スの販売もしております)  
 ・衣類以外の物は梱包して下さい。
 ・ご面倒であればそのままでも結構ですが、家具のセッティング終  了後速やかに片寄りじわを直すことをお勧めします。

●整理タンス
 ・基本的にそのままで結構ですが、貴重品や小物などは箱詰め
  して下さい。

 ・和タンス同様片寄りじわが気になるものは、セッティング後チェッ      クして下さい。また、お客様が気になるのであれば全て箱詰めし
  ていただいても結構です。

●桐タンス
 ・中身は全て箱詰めして下さい。
  (桐タンスは専用梱包を致します)

●食器棚・飾り棚・サイドボード類
 ・割れ物は厳重に包装し、小ケ−スに入れて下さい。

●本棚・鏡台・ドレッサー・机類
 ・中身は必ず箱詰めして下さい。

●ベッド
 ・ウォーターベッドの水抜きは購入店に事前にご依頼下さい。
  (特殊品を除き、特殊品を除き、当社が分解組立て致します)

 

 

 

 

 

  

 

 

電気製品

●冷蔵庫
 ・食品(氷も含む)は全てを抜き取り、お引越し前日のお休み前に電源  (コンセント)を抜いてください。

●洗濯機・乾燥機
 ・衣類が残っていないようにしてください。
   (洗濯機は、中に水が残ってないかご確認ください)

●テレビ・ビデオ・ステレオ
 ・配線関係はあらかじめ外しておいてください。(本体の梱包はお任せ  下さい。また専用の箱がある場合は、お使い下さい)
 リモコン等はお手回り品として保管下さい。またカセット・ソフト等は 小ケ−スに箱詰め下さい。
   (室内の配線工事・接続等は電気工事業者委託となります)

●パソコン
 ・デ−タ−はバックアップの上、配線等はお客様にて取り外し、
取り付けてください。また、購入時の箱をお持ちの場合は極力ご使用 下さい。

●電子レンジ(台)・トースター・炊飯器・ポット
 ・内装物は全て取り出し、梱包下さい。

その他

●ストーブ
 ・灯油は完全に空焚きし抜いて下さい。

●花瓶類・額縁
 ・当社の箱に入らないものは置いておいてください。
  作業員が梱包します。花瓶類も梱包願います。
  (時価が30間円以上のものについては別途高価商品保険に加入
   ください)

●植木類
 ・中長距離につきましては植木が枯れる恐れがありますので、ご注意ください。(枯れても責任を負いかねます)また大きな植木の場合、   スペ−スをとるためトラックの大きさが変わったり専門業者に委託す  る場合がございますので料金が増すことになります。

●自転車・物干し台・竿
 ・最後に積みますので、作業員と一緒に確認ください。

●金庫
 ・専門業者依頼になりますが、事前に中身をお客様にて保管ください。

 引越カレンダー
 
手続きの種類
届け先
手続きの方法
チェック

 住民移動・ 転出届

 現住所の 市町村役所
 本人または世帯主が、所定の用紙に記入。
 印鑑が必要。
(    )
 個民年金   
 国民健康保険
 〃
 本人または家族が連絡。
 それぞれ国民年金手帳・国民健康保健書・印鑑が必要。
(    )
 福祉関係
  乳児医療
  児童手当
  老人医療
  敬老年金
 〃
 本人または家族が連絡。
 印鑑・転出証明が必要。
(    )
 印鑑登録
 〃
 本人または代理人(委任状)が手続き。
 実印が必要。
(    )
 不要品処分、 大型ゴミ
 市町村役所
 または環境事業局
 地方により違うのでとりあえず役所受付に早めに連絡。
 有料の場合が多い
(    )
 金融機関届
 銀行窓口
 本人が所定用紙に記入。
 銀行届印が必要。
 ※クレジット・保険会社は電話で連絡する。
(    )

 郵便物の転送届
 <転居届>添付のハガキに記入してポストへ投函してください。  一年間転送してくれます。
(    )
 電話の移転届
 管轄NTT
 電話で連絡(116)
(    )
 水道料金の精算
 現管轄の営業所
 電話で連絡。
 集合住宅は家主管理の場合があります。
(    )
 ガス料金の精算
 現管轄の営業所
 電話で連絡。
 指定日に係員が来てガスを止め、 料金を精算します。
(    )
 電気料金の精算
 現管轄の営業所
 電話で連絡。
 指定日に係員が来て電気を止め、 料金を精算します。
(    )
 新聞などの料金精算
 現管轄の営業所
 配達人に伝えるか、電話連絡。
(    )
 転校届
 転入校の学校長
 本人または親が前校でそろえてもらった書類を提出。
(    )
 新居への道路確認など
 トラックが通れないなど・・・・当社に早めに連絡下さい。
(    )

 住民転入届
 市町村役所
 本人または世帯主が、転入14日以内に手続き。
 転出証明・印鑑が必要。
(    )
 国民年金・
 国民保険・
 福祉関係 
 〃
 〃
(    )
 水道開栓
 水道局または役所
 新設の場合は水道公認業者に問い合わせる。
 既成住宅の場合、届け人の印鑑と前後使用者の名前。
 借家の場合家主の印鑑と賃貸借契約書。
(    )
 運転免許証の住所変更
 所轄の警察または安全協会
 
(    )
 自動車の登録変更
 引越先の陸運事務所
 本人または代理人(委任状)が、転居後15日以内に手続き。
 車庫証明・車体検査・実印・車両が必要。
(    )
 転宅挨拶・案内状
 早めに印刷し引越後郵送。引越業者にご相談ください。
(    )
 
 よく聞かれる「お引越に関する質問」
 
Q 引越を予定しているのですがどうすれば良いのですか。
A  お見積りは無料ですので、一度お伺い致します。現在、ふれあいキャンペーン「ひとめぼれ」を、お見積り時もれなくプレゼント中です。
 
Q 見積りしてもらったら契約しないといけないのですか。
 
A  料金等が合わない場合はことわってもらっても結構です。
 
Q 契約したらダンボールケースはもらえるのですか。
 
A  お荷物の量によって、50枚までは無料サービスです。
 
Q 引越にはどんなコースがあるのですか。
 
A  簡単にわけると、お客様に小物梱包していただくせつやくコースと、当社で梱包(開梱)するらくらくコース等、各種コースがございます。見積り時、営業員にご相談ください。
 
Q 家具類・電化製品等の荷造りはどうしたら良いのですか。
 
A  大型家具、大型の電化製品は当社におまかせください。
見積り時に詳しくお話します。
 
Q タンスの中身はどうしたら良いのですか。
 
A  整理ダンス・和ダンス等引出しの中の衣類に関しては、入れたまま運ばせて頂きます。(状況により。取り出す場合もございます。)洋服ダンスに関しては、当日専用ケースをお持ちしますので、そのままで結構です。
 
Q 引越以外にどんなサービスが有るんですか。
 
A  電気工事・ピアノ運搬・車両の陸送・ハウスクリーニング・不用品の引き取り等のさまざまなオプションサービスをご用意しております。
 
Q 保険はどうなっていますか。
 
A  1000万円まで保険に加入しておりますので、ご安心ください。ただし、高額品に関しては、別途高額保険にご加入いただくことになります。
 
 
Q 遠くでも引越してもらえますか。
 
A  全国ネットワークですので、日本全国どこでも責任をもって引越させて頂きますのでご安心下さい。
 
Q 新築なのですが、建物の保護はどのようにしてもらえるのですか?
 
A  荷物をお運びする前に、玄関に専用のマットを敷きます。
また、柱、壁等には養生パネル、キルティング素材等で保護します。
 
Q 事務所の引越も出来ますか?
 
A  お引き受けいたします。
コピー機、金庫等、大型荷物の運搬もお任せください。